ハイビスカスのフラワーエッセンス

c0242791_19544132.jpg



少し前。
しゃもじ(オット)がお友達から、ご自身で作られた
蓮の花のフラワーエッセンスを譲ってもらって来ました。

おおぅ!蓮の花は大好きです!
子供の頃から馴染みが多く、その佇まいが
なんだかほっとするのですよね。
どちらかというと第7、第6チャクラに働きかける
エッセンスだそう。

私も試してみたいと思いつつ、でもなんとなく
その機会を逃していて、手を伸ばせばそこにあるのに
なんだか手がのびずにいました。

それが先日、我が家でのリーディング講座の中で
話題になり、試してみましょうか!試してみたい!
ということになり初めて私もお試し。
ですが特にこれといって反応はなく。
でも試した方の中には、
「強いエネルギーを感じた!」というお声も少なくなく。

はて。
どうしたものか。。

私にはもうエッセンスの効果は期待できないのかしら。。
と少々寂しく思っていた数週間後。
しゃもじとの会話の中で、なんと同じ方が
ハイビスカスのエッセンスも作られていたことを知りました。
こちらは沖縄・恩納村で作られたものだそう。

なぜ言わぬしゃもじ!

ちょっと話を聞いたらなんとなく、ピン。と
アンテナが反応。
詳しくしゃもじに根掘り葉掘り聴いてみると
一枚の小さな紙を出してきました。
そこにはハイビスカス・エッセンスについて
と書かれていて、

「活力と情熱に満ち、第一、第二チャクラに働きかけます。」

お?

「子宮を温め、人生の流れに柔軟に身を処します。」

おお?

「女性らしさを取り戻し、表現力・生殖力を高める
 手助けとなるでしょう。」

オオオオオーーーーゥ!

オレこれじゃん!
全然こっちじゃん!!

おしゃもじさんこっちですよ、こっちプリーズです!
ということで早速購入してきてもらいました。





c0242791_19542008.jpg

白湯に数滴チョンチョン。
(お茶やコーヒー・お酒どんな飲み物でも可)
まさに。
ばっちりな出逢い。タイミングでした。

お腹周りがポカポカするように感じます。
現実的にも、俄然いろいろなことが差し出されます。
根っこというか碇を下ろせている感じがします。
相変わらずこまごまと試されますが(笑)、
「いや待てよ?」と踵返したら正解だった!
ということがたびたび。
夢見の内容も違ってきました。
こちらもいいのか悪いのか(笑)はっきりリアルな感じ。
ふわふわしがちな私には今、こっちだったようです。

どっかーーーんというより、
薄い紙を重ねるような、小さく地味な効果を
実感しています。


今週末の呼吸法&瞑想会にお持ちしようかなと想っています。


※バッチ・フラワー・レメディーとは
1930年代。
花のエネルギーを水に転写するという技法で
医師であり細菌学者であった英国人の
エドワード・バッチ博士が作りあげた
自分で自分を癒すことができる エネルギー療法です。
副作用がないため、赤ちゃんからお年寄り、
動物や植物にも使うことができ、
英国などの医療現場で用いられており、
街のドラッグストア(薬局)でも販売されており
手軽に購入することができます。



c0242791_20453368.jpg



いつもありがとうございます。








[PR]

by amrita-shop | 2015-03-30 19:53 | 自然療法 | Comments(0)