◎『初心者のための陰陽五行講座 』開催決定◎

c0242791_12360371.jpg



アムリタ初☆とっしーこと こやまとしのりさんの
〝初心者のための陰陽五行講座〟開催決定!!

常々気になっていた〝陰陽五行〟の世界。
でも小難しいのとか、堅苦しいのはてんでニガテ。。
やはり〝知る〟も楽しくなくては入っていかない!
そして教わる人もダイジ!なんて思っていましたら
私のところにとっしーさんが現れました^^

「この方は、この講座は ゼッタイニ おもしろい。。。♡」

アンテナ発動ッ!!

ということで、ご一緒に陰陽五行を楽しく学び、
日々の生活に取り込んでみませんか?

講座後は、そのままの流れで、
とっしーさんてナニモノお茶会を考えています♫
<17時くらいまでの予定>
お時間ある方はこちらもぜひご参加くださいませ!



以下とっしーさんより。



・・・・・・・・・・・・・・・

「陰陽五行」は
古人が天文と地理から解き明かした、
形而上(まだカタチになっていない世界)のこの宇宙の壮大な美と摂理を、
形而下(カタチにあらわれた世界)に降ろすことによって体現した、
壮大な自然哲学です。

この宇宙を構成している「木、火、土、金、水」の五つの要素が、
循環し、生成変化するという思想であり、

古代中国を発祥とするあらゆる占い(算命学、四柱推命など)、
また、風水、医学、武術、薬学、民俗風俗、料理にいたるまで、
あらゆる東洋思想の基礎となっています。

また、陰陽五行思想は、日本古来の神道にも多大な影響を与え、
日本文化の根底にも、陰陽五行の考え方が深く根付いています。

陰陽五行の五芒星は、かの陰陽師安倍晴明が家紋とした形であり、
また、聖徳太子の制定した冠位十二階にも、
陰陽五行の痕跡が色濃く見られます。

「陰陽五行がわかる講座」は、
数千年の歴史の中で育まれた東洋の叡智の基本原理を、
予備知識が一切なくても、大爆笑しながら学ぶことができるという(笑)
初心者向けの、単発一回講座です。

この叡智にふれると、
人と自然とが渾然一体となって調和し、
慈しみあって生きていた美しい世界が、
この地球上に確かにあったのだ
ということが、

きっと、確信を持って信じられるようになると、
私は、そのように思っています。

初対面の方でも、
招待状を送っていない方でも、
予備知識の全くない方も遠慮なく、
ぜひお気軽にご参加ください。

太古のロマンを巡る、
陰陽五行の神秘の旅。

ぜひ、ご一緒しましょう!



ーーーーーーー

◎講座詳細◎

【日 時】
10月24日(土)13:00〜15:30
(20分前より受付開始)
※講座後にとっしーさんを囲んでのお茶会あります♫
 

【開催場所】
千葉県市川市妙典2丁目 アムリタ自宅サロン
(詳細住所はお申し込み時にお知らせします)
アクセス
東京メトロ東西線「妙典(みょうでん)」駅より徒歩9分


【参加費】
6,000円(お茶、おやつ付き)
当日現金にてお支払いください。


【参加方法】
1)お名前(ふりがな)
2)お電話番号
3)メールアドレスを明記の上、
Facebookメッセンジャーもしくは
rotta@spitz.net  村山カズコまで
メールにてお申し込みくださいませ。

参加表明ボタンの押し間違えが増えていますので、
こちら
からのご返信を持ちまして、受付完了と
させていただきま
すのでご了承くださいませ。



ーーーーーーーー

=講師こやまとしのり氏プロフィール=

石川県出身。
大学を卒業後、住宅販売会社に就職するも、人間関係に悩み6ヶ月で退職。

以後、外資系ワイン会社、アパレル会社などへ次々と転職を果たすも、
長続きせず、職を転々とする。

ネガティブな理由で会社を次々変える自分に嫌気がさし、
「次に就職した会社は全てが最高のときに会社を辞めて独立する」
という目標を掲げ自分を鍛え上げるため、26歳のときに当時最も
過酷な職
種といわれた運送会社のセールスドライバーに転職。

ドライバーの仕事をしながら、以前から興味のあった占いや古典の勉強を始め、
解読することが可能な世界最古の書物のひとつとされる古代中国の書
「易経」と出会い、その奥深さに衝撃を受ける


易経や東洋思想の勉強を続けながら、ドライバーとして8年半勤務。

人間関係、お金、仕事の充実度、
あらゆる面で最高の時だと感じた2011年、
「全てが最高のときに会社を辞めて独立する」という志を貫き、
会社を辞め、単身上京。

「コヤマオフィス」を立ち上げ、以後、易経と陰陽五行をメインとした
東洋思想の講師業をスタートさせる。

笑いと学びの融合を掲げた楽しい講座やセミナーを、全国各地で開催中。



c0242791_12353114.jpg
「易経講師こやまとしのりのブログ」




いつもありがとうございます。












[PR]

by amrita-shop | 2015-10-03 12:43 | イベント告知 | Comments(0)