信頼、そしてゆだねること。

先日、ミラクルカードゲームに参加しました。
あらゆるサポートにより本質を見極め、
本来望んでいる自分への変容を導くボードゲームです。

巷では『リアル版人生ゲーム』という表現をされたり
『魂の人生ゲーム』と言われたりもしています。

今回参加は4人。
それぞれにテーマを決め、サイコロを振って駒を進めます。
手持ちの封筒(潜在意識)の中のカードがなくなり
4つのスコアカードが満たされたら上がりです。
(もしくは予め決められていた時間になったら終了)
ゲームは誕生するところから始まるのですが、
振っても振っても『誕生』のマスで止まらない私の駒。
なかなか生まれたがらない私は強制的に生み出されたり
気づきカードが集まって来ず、肉体のステージから
なかなか次のステージに進めず、と苦笑いの連続。笑

ゲームに参加するのは数年ぶり二回目でしたが
ちょうど悶々としていた自分自身のことを
タイムリーに話すことができて、
この会をご一緒できた皆さんと
今回ファシリテーターを務めてくださった方に、
ご縁の深さを感じました。

残念ながら誰かが上る前にタイムアップとなってしまいましたが
手元に残ったカードのメッセージは
私がずっと頭ではわかっていても行動にうつせずに
いることでした。その理由もドンピシャ。
そう、それがコワイのわたし(笑)
それができないでいるのです。
いたたたたーーー。
宇宙はまるで、お見通しのようです。

おもしろいもので、ある大きな出来事
(自分ではどうしようもないこと)で最近、
ずいぶんと気落ちしていたのですが
会場に向かう道すがらや帰り道、帰宅後と、
ふとした瞬間にメッセージを受け取りました。
その中のエスカレーターを上っているときのひとつ
『すべて借りもの』という言葉。

ああ、そういうことか、と。
なるほどね、と。

私がついどうにかしなければと背負いがちなことも、
私のものではないのかもしれない。
ただ、今〝蜜〟な時間なだけ。
いずれはあったところに、来たところにそれぞれ還っていくもの。
私のものなどなにもない。
守るものなど何もない。
そう思えたら少し楽になりました。

いまは少し眼に映るものから距離をとって
静かに閉じたい気分の時期。
どうやらこれも、私特有の防御本能のひとつのようで。

ミラクルなゲームの波紋は、本流と重なって、
静かに広がり続けているようです。


ゲーム中のお写真なしですが、
まだの方にはぜひ一度体験していただきたいゲームです。
参加者同士のシェアも大切で、とても時間をかけて
じっくり向き合っていけますよ。

まさに誰でもない『自分を慈しむ』時間。

ゆくゆくはアムリタで
コーディネートさせていただきたいなと思っています。


どうぞお楽しみに♫





いつもありがとうございます。

















[PR]

by amrita-shop | 2016-03-15 10:09 | スピリチュアル | Comments(0)