手のままに記す。

あー。
もう誤魔化しがきかないところに来ているのだな。。
と日々感じています。

誰を、とかなにを、とかではなく、もう圧倒的な〝 自分自身 〟を。

目を覚ました瞬間に、
服をたたみながら、
鍋を洗いながら、
大好きなソイラテ作りながら、
生地に触れながら、
湯船につかりながら、
パソコンしながら、
魚の煮付け作りながら、
電話で話をしながら、
オットと話しながら、
インド人の作ったカレーをテイクアウトで食べながら、
足の爪切りながら、
お気に入りのスカート履いてる時も、
誰かの笑顔に下に、ポジティブな決意の奥に、
孤独感ともがきを感じた時も。。

この感覚を、ないものにはできない。
誤魔化せない。

過去も未来もいまも、時間空間を共にする人は、自分自身。
ご本人も気づいていない健気さ、誠実さがもう愛おしく。

それぞれの背景と歴史とこの先の軽やかさと力強さなどを感じるたびに、
そこでしか実感できなくなっている私にとっては
すべてが光そのものです。
時にかき乱されて、嵐に吹き飛ばされそうになり
また馴染みに場所にもどりたくもなりますが(笑)
たくさんの優しい手が止めてくれます。

大丈夫。大丈夫。
私は、なにがあっても大丈夫。

初めから、天と地につながっているんだ。
つなげる糸は無色透明。伸び縮み自由自在!

誰だってなんの資格もなしに、さいしょっから、自由!





今日は手が動くままに。

読んでくださってありがとう。




いつもありがとうございます。














[PR]

by amrita-shop | 2016-05-16 15:38 | スピリチュアル | Comments(0)