ぱにっくほっさ講座

下田屋寛子さんの
『もっと知ってほしいパニック障害のこと』
〜パニック発作、予期不安から解放されるための公開セミナー〜
に参加しました。

パニック発作のしくみや原因
その対処法 です。

「パニックがラクになる講座があるのですが参加しませんか〜?」
とお声をかけていただき、
「おおお、そういえば私パニック発作持ちだったわ!」
と我にかえるほど、そこから距離を置いた環境に
身を置けていることに気づきました。

私が初めてパニック発作を起こしたのは25年ほど前。
ひどく苦しかった時期もあり、また落ついた時期もあり
波はあれど、外でのお勤めもやめて、
居心地よく作った大好きなうちで
好きな服を作ったり、好きな人を呼んだり、
エネルギーワークしたり、好きなご飯を作ったり、
好きな音楽聴いたり、好きな映像を観て、
泣いたり怒ったり笑ったりしては
感動しています。
経験しているんだと思います。

心から幸せを感じられると、見える見えないいろんなものに
自然と感謝が湧き上がってきて
「今日も精一杯自分を喜ばそう」と思えています。
それがいいのかもしれませんが、最近では
「まあ、これも性分」と完治することを手放し、
なくなんとなく付き合っています。

原因はやはりストレスではあるけれど
目に見えるものは表層の一部。
もっと感情という綱を伝って奥へたどっていけば、
本当のパニックの原因はちゃんとそこに「ある」。
あることに気づけば自然と症状は消えていくのだそう。
好きなことをするというよりも
私の場合、いままで勝手に義務と『思い込んで』
やり続けてきたことを
少しづつやめられているのが一番大きい気がします。

からだはちゃんとサインを送っているのよね。

日々、感情を見続けてきているいま、
パニックをどうにかしよう思って進んだわけではないけれど
なんとなく生きづらくて、人生をもっと楽にしたい!と
模索し続けてきた結果、
あら!おなじところにでちゃった!という感じ。

自分の感情こそが命そのもの、を実感できている今。
もう『感情』とか『感覚』にしか、
興味がなくなっている自分が猛烈に面白いです。
きちんと理論を学べば、誰かに説いたりできるのでしょうが
私はもう知識で役に立たなくていいと
自分をゆるめている今、
たぶんもう頭に入ってこないんだろうなぁ・・・と
今は予想しています^^
手に入れたシンプルな方法で、ひたすら
感情をさらうという課題に
向き合っていくのみのような気がしています。
さてどうだろうね、なにかビビビと
次なる計らいがあるのだろうかしらねっ。

そうそう、今回の講座でね、
私は、ものごとを善悪ではなく、どっちでもいい、
なんでもいいの世界に流れて行きたいと思いつつ
まだまだ見える世界への反応(=自分ルール)を
握りしめているようで、厳しいジャッジをしていたことを
寛子先生に気づかせていただきました。

落とし穴発見!です。
見事に破けてました・・!
ずいぶんゆるんできたつもりでいましたが
まだまだ自分をゆるめるとこありそうですワタクシ!!
その、気づいた瞬間に、するっとなにかが解ける感覚が
あって、ああおもしろいなぁと。

こころの探求。知らないことがたーくさん。
やっぱり掘りたいのかなぁ(笑)

知りたい欲求って根源だね。












いつもありがとうございます。

























[PR]

by amrita-shop | 2016-06-12 23:53 | ヒビメモ | Comments(0)