人は見かけで判断する

c0242791_02143141.jpg




人は見かけで判断しちゃいけないって昔からいうけど
みかけだと思うんですけどーー


と大きな声で言ってみる。

見かけと言っても視覚的なことだけでなく、
五感を使って見(感じ)ているよう。
五感といってもさすがにぺろりはできないけれど
クンクンクン、、、はしている。


大事なのは、良い(人の)においか
悪い(人の)においかではなく
私が好きなにおいかどうか。


人間にはスキ、キライがある
お好みというものがある
合う、合わないがある
なんか好かない、がある


五感を総動員しての
「見かけがキライ」は、その人を
〝 自分の領域 〟に入れない十分な理由だなあと思うのです。


「なんとなく好きじゃない」


うんいいぞ!上等だ!

なんとなく、の感覚はとても大事。

そんなあやふやなものでは、、と不安になるかもしれないけれど
実は一番確かな反応ではなかろうか。
これ好き!も大事だけど

なんだか好き!も、なんとなくイヤも同じくらい大事な感覚。

自分の中の、そんな感じが益々加速していますが
このままで参りますよ。


...ってそうか
どうせこの世は愛しかないなら
全て好きキライで選べばいいのね。


もうね、〝おともだち〟が減ってもいいのよね。
たくさんの人に好かれる必要も、ないものね。


自分の〝純度〟をたもっていこう。


ごめんやでーー














[PR]

by amrita-shop | 2016-10-12 01:52 | ヒビメモ | Comments(0)