依存すること、されること。

早朝に書き上げた
新しいセッションのご案内文の中の一部分に
無性にざわざわする自分を見つけました。

『依存すること、させることは よくないこと』

という強い思いが、どうやら私の奥深くにあるようです。

なんとなくそのままにして過ごしていましたが
胸の真ん中に塊があり、どうにも居心地が悪く(笑)

目を瞑って深く呼吸しながらトントンしてその根っこを探っていきました。

依存すること、させることが嫌だ、、、

ふと浮かんできた思いは
子供のころに感じていた気持ちでした。

実家は自営で、自宅の1階と2階を使い洋菓子の製造販売をしていました。
母べったりな子供でしたが、日々お店にかかりきりだった両親に
心配をかけたくないと思っていた気持ちが出てきました。
夜、すごーくお腹が痛かったのに誰にも言わずトイレで唸って苦しむ小学生の私。
いつも無口でお店の隅っこでずーっと絵を描いて遊んでいる
おとなしい子供の私。

でも、人に興味があった私は、出入りするさまざまな人の様子を
常に観察してはいろいろと思い巡らせていました。
このおばさん、いつもきれいにお化粧して笑ってるけど本当は話を聞いていない、
そして笑い顔がとても悲しそう、とか、
このひと、パパの話に合わせてるけど、本当はそう思ってない、とか
このおじさんあんまりしゃべらないけどすごくいいひと、とか。
ああ、いろんなひとが来たなぁ。
普段おとなしいのにお酒を飲んで閉店間際にやってきて
一方的にしゃべっては最後両親に怒鳴りつける
眼光鋭い絵描きのおじさんは、毎回自動ドアが開くたびに
私は、来た、、と体が凍りつくほどの恐怖を覚えながらも、
この人はすごおく寂しそうだな、などと感じたりしていました。
(んもう完全にHSP(笑)

店の隅っこで一人の世界に入り込み、ただ絵を描いている女の子。
大人にはそう見えていたようで、聞きたくない話もたくさん聴いていました。
そんな私を可愛がってくれた方もたくさんいたので、
私はきっと幸せだったのだと思います。
でも、その実感があまりない理由のひとつに、とにかく母が
苦労しているように見えていたことです。

毎晩仕事を終えてから深夜まで飲み歩く父と
寝ずに待っている母とは朝方まで大げんか。
ほぼ毎日のように。毎晩の争いごとは私にとって恐怖でしかなく。
母は、私の目には、不幸せそうに映っていたのです。

「私がずっとそばにいなければ、ママを守らなければ、幸せにしてあげなければ。」

そう改めて決意した記憶はないけれど、結果40歳の手前まで
そういう風に行動してきました。
「自分の気持ちより母の喜びを優先させること」が自分の掟。
母を幸せにするには、


心配かけてはいけない
相談してはいけない
困らせてはいけない
迷惑かけてはいけない
ひとりでやらなければいけない
=「誰かに依存してはいけない」



その思いをぎゅっとぎゅっと固く握りしめて生きていました。
無意識のなせる技よ!!
おかげで、反抗期らしい反抗もする機会がありませんでした。
(その頃姉の家出で大騒ぎだったしねー笑)


弱いママ
いじめられるママ
騙されちゃうママ
かわいそうなママ
不幸せなママ
一人だけ運が悪いママ
選ぶ権利がなかったママ
私が守らなければいけないママ


当時の私の目にはそう「見えて」いました。
そんな母だから、信用してませんよね。
本心言っていいなんて死んでも思えませんよねー^^
反抗って相手を信頼できるからこそ、できるんですもんね。

自分の奥の声を聴きながらツボトントンし続けるうちに、
そんな思いを握りしめた小さい頃の自分に出会い、
声をかけて行きました。


ママは本当は強かったんだよー
ママはちゃんと自分で選んでいたよー
あれでも幸せだったんだよー
あなたがママにしてあげなければならないことはひとつもなかったんだよー
あなたのママは幸せだよーー


やだー!涙が溢れてたいへーん!
まだいた、まだいたんだーこの気持ち。

トントントントン。トントントントン。

久しぶりに子供の中の『小さな自分』と向き合うことができました。
あーあ〜頭で状況を理解していただけで、感情はまだ納得していなかったんだなぁ。

大人でも子供でも迷惑かけていいし、頼ってもいい。
助けてって言えばいい。
手伝ってって言っていい。
依存したければ好きなだけすればいいんだ。
飽きるまで、自分の足で立ちたくなるまで。
自分で決めたくなるまで、自分からそこを離れたくなるまで
誰かから離れたくなるまで。
好きなだけやればいいんだねー


ということでグループトークセッションの内容を一部変更しています♪

どなたさまも無条件で大歓迎です^^

こころよりお待ちしています。



※,トントンとは EFT(Emotional Freedom Technique)感情解放のテクニックのことです。
顔・鎖骨下などにある経絡を軽く指先でタッピングすることで
不安、イライラ、恐れなどのネガティブな感情を解放するセラピーです。
『もっと知ってほしいパニック障害のこと〜』という単発講座で
心理セラピスト下田屋寛子さんより教えていただきました。
あらゆる面で、とても効果を実感しています。
詳細はこちら↓↓








c0242791_19144366.jpg










[PR]

by amrita-shop | 2016-12-20 16:32 | ヒビメモ | Comments(0)