カテゴリ:未分類( 5 )

お地蔵セットの生地が義母から送られてきたことに問いかけてみた

c0242791_12095652.jpg






お盆ですね。
もう一年の半分すぎちゃったーと思っていたら、あっという間です。


今日はたったいま行った私の
セルフワークの流れを書き残してみようと思います。


数ヶ月前、しゃもじ(オット)の実家より送られてきた
野菜の入った段ボール箱の中に
赤い生地と型紙が同梱されていました。

これはしゃもじの実家横に鎮座する、
六地蔵様の帽子と前掛け用の見慣れた生地でした。



c0242791_13282602.jpg


一年に一度、お盆前に新しいものに付け替えるのですが
これは長年、信仰心の強い義母ナンダスケの
ライフワークのひとつでした。

数年前から、縫い物ができるということで
お盆の帰省中に私が
新潟の実家でちくちくするようになっていました。

得意な分野だし、簡単な作業だし、やったら喜ばれるし
神様仏様のことだし、、、

という理由で、フツーにしてきたことで
し終えると自分でもさっぱりするというか、
小さなやり遂げた感もあったし、
少しでも関われていることが誇らしかったし、
このことは自分でも受け入れて、納得しているつもりでいました。


が。しかし。


野菜たちがひしめくダンボールの底に、
白いビニール袋に入ったこの赤い生地を見た途端、


ザワザワザワザワ〜〜〜。。。
イライライライラ〜〜〜。。。



私の中で黒くてぼわわとした、ダークなものが漂いました。
左眉だけキュッと上がる、あの感じです。

察しのいい(?)私は、

ああ、うちで作ってお盆で帰るときに持ってきてね
っていうことだね。
まあ、うちで整った環境で作った方がいいしね。
どうせ行ったら縫うんだしね。
もう私の仕事だしね。
お地蔵様がつけるやつだし。

みんな喜ぶし。


。。。。。。。。。。



そのときは、そんな思考で蓋をすることで、
そのざわざわざわわを封印しました。


そして帰省までまだ一ヶ月以上ある、ある日。

ナンダスケから電話があり、他愛ない話をする中で私に、
「もうできたか?」の問いがありました。

一瞬なんのことかわからず、
へ?なにが?的な返答になり、

「赤いの。地蔵さんの。まだ縫わねえ?」

と言われ、

え!お盆に間に合えば良いんじゃないの??
あ。もしやそう言いつつ、さっさと縫って送れってことだったの!?!?

という解釈が一瞬にして、私の脳を駆け巡りました。

私は、

なんだよー
催促してんじゃねーよー
急かされるの嫌いなんだよー!
という気持ちに気付きつつ、

まじかー。いまやること手一杯なんだね〜
お地蔵セット縫ってる時間ないんだよね〜
お盆で、いいんだよね〜?

と言って切った。

ナンダスケも電話の向こうで「お〜、いいよ〜」と言って。

その夜帰宅したしゃもじに何気なく、
あれって催促だったのかねーというと

「催促だな。」と笑いました。

まーこれもしゃもじの解釈なんですけどねー(笑)


そっかーーー
催促かぁーーー
ちょっと話のついでにできてるか聞いただけ、
っていう線も期待してたんだけどなー

そっかーー
催促だったのかーー

ここから私の妄想が始まりました。

忙しいなら早めにやっとけよ〜
できたら、なんなら早々に送ってくれよ〜
言葉の裏を読んでねー
察してねー
なんでも早いに越したことないからね〜


うひいいい〜〜〜!!!!


いま改めて書いていてもふつふつ煮えたぎってきます(笑)

ナンダスケの発した
「もうできた?」の言葉に
私の持つ投影がスパークです!

スパーク感じつつ、抑圧の蓋を開けることはなく、
ちょっと蓋ずらす、くらいでちょろちょろ漏らしながら
日々を過ごしていました。


そして帰省の数日前となった昨日。

あーそろそろ縫わないと、お地蔵セット、
と重い腰をあげました。

いま思うと、もうオートマチックです。
感じることを拒否して、心はありませんでした(笑)

袋から出した生地を広げて型紙置いて
ジョキジョキジョキ。まずは帽子。
ロックミシンでだーーっと端の処理して
極細ゴムを引っ張りながら縫いつけていきます。

おおお。楽しい〜〜

いつもしない作業は新鮮で楽しいです。(これは本心〜)

あっという間に、6つの小さな帽子は完成しました。
おつぎは前掛けです。
本体と、紐つくり。
これねー、
自分流にやりやすい方法ですればよかったのですが、
ナンダスケの指示である
ピンキングバサミ(ほつれないようギザギザにきれるはさみ)仕様に
してしまったせいで、んもうモーレツに肩こり!&疲弊でぐったり。
まさかの胃痛まで始まりました。


なんかちがう。。
なんかおかしい。。


これはいかん。
このまま帰省してはいかん。
ぶっすぶすに燻ったものを持った私が実家でどう振る舞うか、
その結果どうなるかはもう目に見えています(笑)


今日はここをセルフワークしてみました。



【義母がお地蔵セット用の布を送ってきた】

この事実に、EFTをしながら、いくつかのワードで
問いかけていきました。

重い重い蓋を乗せた私の中には、

断りもなく送ってきたこと
送っていいか?と意思の確認して欲しかったこと
私の気持ちを尊重してもらえてないと感じたこと
大事に思われていないように感じたこと
無下にされたように感じたこと

などの悲しみがたくさん出てきました。

それらをすべてうんうんと聞いて、受け止めていきました。

感じていると、子供の頃の映像が浮かびました。
当時の気持ちも蘇り、
言いたいけれど言えない気持ち
言えないから、どうか察して欲しいという気持ち、
声にならない苦しさが涙と一緒にどんどん溢れて
こみ上げてきました。

トントンしながら涙もたくさん流して、体を感じていきます。
私が、当時の私を包み込んで寄り添って、受け入れていきます。
と同時に、ああ、まだまだあったんだなぁ、この感覚・感情。
と気づいていきます。

今日はじっくり付き合うよーとさらに耳をすますと、
「私は二番手」というとても強いビリーフが出てきました。

ああ、これもまだあったんだ〜

7つ上の姉は父母両家にとって初孫でもあり、
親族みんなに可愛がられました。

おまけに美人に成長したので、ハタチくらいになると
商店街代表でテレビに出たり
家業であるお店のお客さんたちにも本当に好かれ
可愛がられていました。

長女なので親の注目もあり、厳しくされて大変だったよねーと
今となっては長子特有の責任感とかよーくわかるし、
好かれた理由は他にもあることはわかっているんです。(笑)

でも、当時の子供である私が感じていたものは違うので
そんな後付けの思考的理由はいっさい通用せず。(笑)

いつもそんな姉という花に群がる人々、な光景と、
大人たちの何気ない言葉にとても傷つき、
無視されて蚊帳の外、な小中学生時代の情景が
浮かんできていました。

なにも感じていないふりをして、
顔はポーカーフェイスで、
お店の隅っこで、大人たちのすべてを見ながら
ずーーっと絵を描いている私。

あ〜あった、あった、
持ってた持ってた、この感覚。

孤独感と悲しみでいっぱいな自分をいま
ここから見つめます。

いいよーいいよー、もっと感じていいよー
そうだったよね〜

大海が小波を抱きしめる、大事な大事な時間。

ワーク中は、わたしという大きなものに抱かれて
寄り添われている感覚の中、安心して
小さな私は、どんなネガティブと言われる感情も隠さず、
じっくり感じて吐き出すことができます。
自分とじぶんを繋ぐものが、より太く確実になっていく感じ。

そしてとても静かなところで
常に守られていたし、愛されていた実感が戻って来る。

これを十分に感じていま、だーいぶすっきり。
体の痛みや違和感も、ナシ。


無事に、お地蔵セットも仕上がり、準備完了。




c0242791_12100955.jpg


もうピンキング始末はいや!!(笑)
左利きにはつらすぎる!!(笑)



次回は全部、俺流でやりますんでひとつ。




長いセルフワーク物語にお付き合いくださった方、
心よりありがとうございます




















[PR]

by amrita-shop | 2017-08-09 15:13 | Comments(0)

A M R i T A / ア ム リ タ ホームはこちら

c0242791_20122171.jpg


A M R i T A / ア ム リ タ

本サイトはこちら


外部リンクからも直接飛んでいただけます。














[PR]

by amrita-shop | 2016-06-28 20:13 | Comments(0)

リーディング&ヒーリング実践会(3)モニター募集

c0242791_18112234.jpg


らいおんハート∞井上裕樹さんのセラピスト講座@アムリタ
受講生による練習会を、より本腰を入れる意味も込め
実践会に名前を改めまして、今月第2回を開催します。



c0242791_18152037.jpg

c0242791_18160309.jpg

第一回の様子......☆☆☆


<日時>
1/23(土)13時〜17時
(10分前より開場)

<会場>
市川市妙典 アムリタサロン
東京メトロ地下鉄東西線「妙典」駅より徒歩9分
詳細な住所はお申し込みの際にお知らせします。

<参加費>
2,000円
ハーブティー付き

<募集人数>
4〜5名 2名
<内容>
講座で習得したもののおさらい、
また実践回数を重ねることで体感し、
スキルアップをはかるため、
受講生のみでヒーリング、リーディングをしあう機会です。
セラピストそれぞれから対面による
ショートセッションを受けていただきます。
時間にして5分〜15分ずつ。
流れや方法などはセラピストのオリジナリティーに沿い
当日決めて行きます。
お茶を飲みながらの、休憩を兼ねたシェアタイムあり。

<こんな方をお待ちしています!>
・ヒーリングやリーディングにご興味がある方、
・受けたご感想をいただける方、
・ブログやFacebookへご感想の掲載をご了承いただける方、

皆様のご参加をお待ちしています。
資格経験などは不要です。
初めましての方も大歓迎です♫
また実践会中のお写真を撮らせていただきます。
お顔出しNGの場合はわからないように加工して
掲載させていただきますのでご安心ください^^

難しいこと、怖いことは何もありません(笑)
ぜひ楽しみにいらして下さい^^


お申し込み・お問い合わせはこちらまで。



いつもありがとうございます。













[PR]

by amrita-shop | 2016-01-07 18:20 | Comments(0)

1/18 川越のお茶会編


c0242791_14084664.jpg

裕樹さん主催のお茶会。
サポートには
メディカルハーブ・コーディネーターの良子さん!

昨年のセラピスト合宿のおり、
良子さんブレンドのハーブティーのお陰様で
終始和ませていただきました。
実はワタクシ、昔からカモミールが苦手。。
入浴剤でよく使っていたのでどうしても
お風呂のお湯を飲んでる気分になってしまうのです。

ですが、良子さんのハーブティーにブレンドされていると
美味しい!と感じます。
面白いですーー。^^







c0242791_14102027.jpg
お客様待機中の面々(笑)


c0242791_14090221.jpg


c0242791_14135884.jpg

そして良子さんお手製のおやつ!

ラベンダーのケーキに
シナモンアップルのケーキ。。

「ありもので作ったから〜」とまたまたご謙遜を!

我が家には材料すらありませんよーー!


一気に
ここは中世、イギリスの片田舎ですか。な空間に。

え。イギリス?(笑)

お昼頃にはお客様もどんどん見えてぎゅうぎゅう。
楽しいお茶会スタートです!




c0242791_14104469.jpg




サンキャッチャー編につづく






いつもありがとうございます。



















[PR]

by amrita-shop | 2015-01-22 10:00 | Comments(0)

型紙の、ちょっと手直し

c0242791_14143834.jpg



着用時、腕の上げ下げで、ちょっとしたひっかかりが気になって、
少しばかり型紙を修正。
スムーズになりました。
身頃も、お客様に合わせてちょっとだけ。

ほんのちょっとでも、ずいぶん違うものですよね。

こえから本番生地で作ります。
サンプルは、サンド・ベージュのリネンで。


王道??







いつもありがとうございます。












[PR]

by amrita-shop | 2014-09-05 14:21 | Comments(0)