<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お外デビュー

c0242791_2131195.jpg


春うららかな本日。
オット(しゃもじ)が外でのヨーガ講師デビューとなりました。

More
[PR]

by amrita-shop | 2014-03-23 20:29 | ヒビメモ | Comments(0)

お彼岸サルール

c0242791_174345100.jpg

お彼岸サルールができました。
ネーミングは単純に生地のイメージと作った時期から。

形はおなじみのppolkaさんのサルールパンツ。
生地はモノグラム柄の細畝のコットンコーデュロイ。

わかりづらいですが後ろポケットも。

c0242791_1744734.jpg

基本の60センチ丈。

c0242791_17441638.jpg


割と張りの強いコーデュロイなので少々ごわつき気味のような気も
しないでもなく。
もしかしてお洋服に向いてない、とか…?

柄と色合いがとても気に入り、生地たくさん購入してるので、さてさて使い道
どうしようかな。
いやいやギャザー入れなければ変形ジャケットとかかわいいかも。

む〜ん。

ちょっと練ります。
[PR]

by amrita-shop | 2014-03-20 17:43 | テシゴト | Comments(0)

満を持して 足湯器

c0242791_1236948.jpg


足湯を知って数年。
長いこと、足湯バケツを使ってきましたが
お湯がすぐ冷めてしまうこと、入れ替えるお湯や浴用剤が勿体ない、
そして差し湯用のお湯沸かしが面倒。。
などの理由でとうとうこちらを購入。
いろいろ探し検討しましたが、買うならきっとコレと
決まってはいたものの、なかなか手が出ずにいたものです。

正月にオットの実家に購入したのをきっかけに
その良さを再認識し、消費税が上がる前にとの理由を無理矢理くっつけ
私も買おう!となりました。

この冬、パソコンでの仕事が増え、気づけば一番冷え込む窓際で
二時間あっという間…なんてこともざらで
そんな時は芯まで冷え冷え。
すぐにコタツに足を突っ込んでもなかなか温まらずにいましたが
そこは湿式の熱!(コタツや暖房は乾式)
じんわ〜りスムーズに芯まで温めてくれます。
温度設定も利き、排水もラク。
なにより好きな時にすぐ足を入れられるという有り難さには感動します。

でも一番冷えるのは縫い物作業だったり。
さすがにミシンを踏みながらはできないな。


冷えとりクン。
末永くよろしく。
[PR]

by amrita-shop | 2014-03-13 12:36 | ヒビメモ | Comments(0)

初☆サンキャッチャー・WSに参加

c0242791_16313215.jpg

友人を誘ってサンキャッチャーを作るワークショップに参加しました。

企画はご近所の隠れ家サロンSaluteさん。
“まごわやさしい”という食材のテーマで、日本人の身体にあった
優しいお味のお料理は、明るく朗らかなオーナーShinorinさんの
全部手作り。
食材に使ったお野菜もご実家で作られた新鮮なものばかり。
希望者はワークショップのあとにみんなでいただきます。

c0242791_17455039.jpg

おなかぐうぐう。準備途中にぱちり。
全七品、どれもほっとするお味です。
いただきながらお料理のポイントも伺います。

ふだん外食も少なく、家でいただくご飯が多いワタシには、
それはお呼ばれみたいで。とても新鮮でした。
レシピもいただいてきたので、参考にさせていただきます。


そしてサンキャッチャー作りの講師は
カラーdeサンキャッチャー代表 遠藤裕子さん。
サンキャッチャーとは、クリスタルボールを使ったインテリア・アクセサリー。
きらきらでキレイ、だけでなく空間浄化の効果もあり、
開運を招く風水グッズとしても今とても人気があるのだそう。

へー!知らなかった!

色とりどりたくさんあるガラスビーズのなかから
気になる色・かたち・アクセントになるモチーフなどを選んで行きます。
一番下になる大きなガラス部分はクリスタルです。(スワロフスキー社製)
一般的なガラスに比べ、カットも素晴らしく、光を浴びると
美しくきらきらが反射します。

c0242791_1792090.jpg


どれにしようかな。これもきれい。あーこちらもきれい。

この作業がすでに心身にアプローチしていて
セルフセラピーなのだとか。すごーい。
明るい声があちこちから上がります。
皆さんとても楽しそう!

作業はワイヤーに選んだガラスのパーツを通していくだけのシンプルなもの。
手先が器用じゃないから、とかきっと決められない〜などと
心配していた友人はどこへ。
隣でものっすごく楽しげにぱかぱかとビーズを通していきます。

はやーい!

私も集中しつつ、でもあれこれいろんな感情が行ったり来たりで
あたまの中がアッツアツ(笑)
それも良し、なんでも良しと邪念と折り合いをつけながら
パーツを紡いでいきました。

時間にして二時間ちょっと。
顔を上げれば皆さんすでに完成され、部屋のあちこちで虹を作っていました。
それもひとつだけじゃなく、ストラップやバッグ用のチャーム、
友人たちもお揃いでペンダントまで!
出遅れたー!

しかし素晴らしきその感性よ!

できあがったところで記念の一枚ぱちり。

c0242791_16471568.jpg


壮観。

持ち帰ったサンキャッチャーを眺めつつ友達とおやつ。
彼女の作品は淡くて澄んでいて繊細で純粋でとても儚げに見えて
まるで彼女そのものに思えた。
ふとあたまには「天女」という文字が。
薄桃色の羽衣を纏った、うんまさしく天女みたいな彼女そのものだーーー。

彼女曰く、私のも「私らしい」らしい。
そうなんだー自分ではなかなか客観視できないとことろ。
そういってもらえると嬉しい。


サンキャッチャーっていいね!
うんいいね!
と言いながら、それぞれの作品に落ちかける夕日を交互にあて、
わーとかおおおーーとか言って白壁にあちこち映る虹を楽しみました。
正面に座っておせんべ食べる友達のおでこに映った虹。最高ー。

簡単なのに作る楽しみもあり、また出来上がったものを部屋に下げたり
持ち物に付けていつも目に入るところに置いては
にんまりできるサンキャッチャーって、もしかしたらすごいんじゃない?

ついでに告白しちゃうと、実はきれいとかかわいいとかピンクとか
きらきらとか、女性性全開バリバリなものに気後れをしてしまうワタシ。
そんな感情などとも対峙し、一人密かにウーウーと揺れ動いておりました。
でもそれも良し、と。
あ、そこにきつねさんの魔法かけちゃうか。(なんのこと)
c0242791_17173087.jpg

いろんな意味で楽しいセルフセラピーになりました。

今回は少々出遅れてしまってひとつだったけれど
また機会があったらひとつふたつみっつと
それは余裕な感じで作ってみたい。


そしてこれをお勧めしたい人の顔がちらほら浮かんだりして。


またご縁がありますように。
[PR]

by amrita-shop | 2014-03-12 20:38 | ヒビメモ | Comments(0)

ギンガ ノ シズク

c0242791_1382823.jpg


ガラスのオブジェ。
もっと小さいのふたつで一時間以上ウンウン唸っていたはずなのに。

ふと視線をずらしたところにいた こちらに ぐっと来てしまった。
ここからはほぼ迷い無なく。

持ち帰って調べてみたら、作り手は同い年の女性作家さんでした。
これからも増えそうな、嬉しい予感。
気づくと 角度をかえて ずーっと眺めてしまっています。

c0242791_1394691.jpg



c0242791_1385059.jpg

興味津々?



c0242791_13171325.jpg

「きれいですねーーー!」


仲良し。
[PR]

by amrita-shop | 2014-03-05 19:38 | ヒビメモ | Comments(0)