人気ブログランキング |

EFTというセラピー

c0242791_19280206.jpeg
剪定した芍薬の葉っぱをワンカップに挿す母ポン子。。



先日、実家に帰った時のこと。

まったくやるつもりなんてなかったのだけれど
いつもの昔話の流れから、
気持ちがたかぶってしまった母ポン子(84歳・未亡人)に
EFTというセラピーをしました。


セラピーって、身内に行うことは、非常に難しいと言われているので
避けていましたが、もう本当にどうしようもない状況になりまして(笑)。

ここ数年のポン子は、84年もの間、言いたいことをその都度言わずにいると
こうなるのね・・・の見本中の見本!みたいな状況で、さあこれからみんなで楽しい焼肉へというときに。。爆発。

もうこれはやるしかないなぁと覚悟を決め(大げさ)、気づいたらからだが動いていました。

だいぶ落ち着いてきて、そろそろいいかなと思うくらいで終わりにしましたが、
時計を見ると、ものの20分ほど。
それでも始める前と後では明らかに顔色や表情も変わり、からだ全体も緩みを取り戻している様子。

いまの気分はどうかと聞くと、
「ああ...すごくすっきりしてる。。目もはっきり見えるし、あんなに重かった首がすごーくラク!」と。

私の方も、始める前にはどこかにつっかえていた詰まりが取れた感覚があり、
自分の内側に柔らかさを取り戻したような感覚がありました。


え〜。このポン子にもできるんだ....すぎょい(笑)


とわだかまりてんこ盛り(笑)の母にセラピーができたことが、ちょっと
いやかなり嬉しかったです。
(それまでの、ただ延々話を聞くという行為より全然ラクでした!)


ポン子自身が子供の頃の、姉とのわだかまり、母親に言いたくても言えなかったことや、言い足りなかったことなどがたくさんたくさんあったようで、
今回はそのほんの一部(でもかなりキョーレツなやつ笑)を、
滞っていたエネルギーとして体から流すことができました。


昭和初期生まれの母ポン子。

持って生まれた繊細な気質に加え、
時代背景や教育・しつけ、育った環境などは
生きて行く上で、やはりとても大きく影響しいてて、ネガティブな感情や思いは、
口に出すのはもちろん、思ってもいけない!!となりがちな世代にも、
有効なセラピーはあるようです。


フライングお知らせ♡


今回母ポン子に使用した EFT(エモーショナル・フリーダム・テクニック)をベースに考案されたセラピーの 一日講座を、9月にアムリタで開催します。

自分自身を癒すために使う(セルフセラピー)のはもちろん、他者にも使えます。

このセラピーがいいなぁと思うところは、
思いや感覚をイメージとして絵に描くので、感情表現が苦手だったり、
言葉にしたくないという場合にも、とてもよいところです。
(子供さんにも良いですよー♪)

絵を描くといっても落書きのようなものなので、絵を描くのが苦手という方でも
全然大丈夫です〜。


c0242791_19230655.jpeg

こんな感じ♪


すでにセラピストの方はもちろん、セラピーのお勉強はしたことないけれど
なにかひとつ、セラピーの方法を知りたいなという方にもぜひ、
ご参加いただけたらなぁと思います。


詳細ご案内はあらためて♪

講師は問いかけ勉強会でおなじみの、下田屋ぴろこさんですよ〜〜♡


いつもありがとうございます







by amrita-shop | 2019-06-28 19:11 | セラピー&ボディーワーク | Comments(0)