人気ブログランキング |

カテゴリ:セラピー&ボディーワーク( 3 )

EFTというセラピー

c0242791_19280206.jpeg
剪定した芍薬の葉っぱをワンカップに挿す母ポン子。。



先日、実家に帰った時のこと。

まったくやるつもりなんてなかったのだけれど
いつもの昔話の流れから、
気持ちがたかぶってしまった母ポン子(84歳・未亡人)に
EFTというセラピーをしました。


セラピーって、身内に行うことは、非常に難しいと言われているので
避けていましたが、もう本当にどうしようもない状況になりまして(笑)。

ここ数年のポン子は、84年もの間、言いたいことをその都度言わずにいると
こうなるのね・・・の見本中の見本!みたいな状況で、さあこれからみんなで楽しい焼肉へというときに。。爆発。

もうこれはやるしかないなぁと覚悟を決め(大げさ)、気づいたらからだが動いていました。

だいぶ落ち着いてきて、そろそろいいかなと思うくらいで終わりにしましたが、
時計を見ると、ものの20分ほど。
それでも始める前と後では明らかに顔色や表情も変わり、からだ全体も緩みを取り戻している様子。

いまの気分はどうかと聞くと、
「ああ...すごくすっきりしてる。。目もはっきり見えるし、あんなに重かった首がすごーくラク!」と。

私の方も、始める前にはどこかにつっかえていた詰まりが取れた感覚があり、
自分の内側に柔らかさを取り戻したような感覚がありました。


え〜。このポン子にもできるんだ....すぎょい(笑)


とわだかまりてんこ盛り(笑)の母にセラピーができたことが、ちょっと
いやかなり嬉しかったです。
(それまでの、ただ延々話を聞くという行為より全然ラクでした!)


ポン子自身が子供の頃の、姉とのわだかまり、母親に言いたくても言えなかったことや、言い足りなかったことなどがたくさんたくさんあったようで、
今回はそのほんの一部(でもかなりキョーレツなやつ笑)を、
滞っていたエネルギーとして体から流すことができました。


昭和初期生まれの母ポン子。

持って生まれた繊細な気質に加え、
時代背景や教育・しつけ、育った環境などは
生きて行く上で、やはりとても大きく影響しいてて、ネガティブな感情や思いは、
口に出すのはもちろん、思ってもいけない!!となりがちな世代にも、
有効なセラピーはあるようです。


フライングお知らせ♡


今回母ポン子に使用した EFT(エモーショナル・フリーダム・テクニック)をベースに考案されたセラピーの 一日講座を、9月にアムリタで開催します。

自分自身を癒すために使う(セルフセラピー)のはもちろん、他者にも使えます。

このセラピーがいいなぁと思うところは、
思いや感覚をイメージとして絵に描くので、感情表現が苦手だったり、
言葉にしたくないという場合にも、とてもよいところです。
(子供さんにも良いですよー♪)

絵を描くといっても落書きのようなものなので、絵を描くのが苦手という方でも
全然大丈夫です〜。


c0242791_19230655.jpeg

こんな感じ♪


すでにセラピストの方はもちろん、セラピーのお勉強はしたことないけれど
なにかひとつ、セラピーの方法を知りたいなという方にもぜひ、
ご参加いただけたらなぁと思います。


詳細ご案内はあらためて♪

講師は問いかけ勉強会でおなじみの、下田屋ぴろこさんですよ〜〜♡


いつもありがとうございます







by amrita-shop | 2019-06-28 19:11 | セラピー&ボディーワーク | Comments(0)

セラピーのおはなし

朝から、タッチマイヴォイス(TMV)という
エネルギー心理学の講座に参加しました。

講師は、レジスタントフリーダムセラピー・ジャパンの佐藤純子さん。

昨年12月、スリランカ旅行前に受けた岡田扇和さんによる個人セッションで
RFTを取り入れていただいたらとても良かったので
近々自分でも学びたい!!と思っていて
今年の二月にRFT(レジスタント・フリーダム・セラピー)の
基礎講座を学び、六月にはプラクティショナーコースを学んできました。

RFT、私はとても好きです。

一言で言うと、思い・感情・感覚などを入り口に
自分の中に留まったままのエネルギーを丁寧に受容することで
抵抗から自由にしていくセラピーです。(そのまんま笑)
まさに、自分で自分の深いところの声を聴く、という
真の対話の時間は安心感に包まれます。

四月末(ゴールデンウィーク)には三日間
JMET主催のEFT(エモーショナル・フリーダム・テクニック)も学び、
プラクティショナーの認定もいただきました。
EFTとは、針を使わない鍼治療と言われており、
身体に数カ所あるツボを、たった指二本で
トントン、トントンと軽ーくタッピングすることで、
不快な思い・感情・感覚(エネルギー)を体内から
深呼吸とともに解放していくセラピーです。

夫と共に受講した数日後、入院していた父が亡くなりましたが、
自分自身はもちろん、家族の動揺や緊張、悲しみ苦しみなどに
実践的に使え、とても役に立ちました。

ふとした時に、鎖骨下あたりを軽くトントン(&深呼吸)するだけで、
早ければ数分でネガティブな思いや感情も身体から抜けて、
楽になることがあります。
びっくりします(笑)

EFTもRFTも、道具は必要ないし、場所も選ばないので
どこでもいつでもできるし、
それからは、使わない日がないくらい愛用している、
日常使いのセラピーです。


あれ。

タッチマイヴォイス(TMV)学んできましたっていう
書き出しだったのに。(笑)

おいおいおすすめのセラピーのことも
書いていこうと思います。

モニターも募集するつもりです。

〝一家にひとりセラピスト〟な時代が早く来ればいいなぁ。

本当は〝私がワタシのセラピスト〟がいいけれど!




EFTで検索すると、たくさん動画があります。
ググってみてください。





いつもありがとうございます













by amrita-shop | 2018-11-08 22:40 | セラピー&ボディーワーク | Comments(0)

チネイザンでフーモンショック

c0242791_22482849.jpg

サンキャッチャーがきらーん。


桜が満開ですね。

今日は初めて、市川チネイザンサロンで
さとこんさんのチネイザンセッションを受けてきました。

出迎えてくれたのは、噂のブッダ。
ヤシの実でできているそう。
このお部屋の守り神的雰囲気を醸し出しています。
よーくよーくみるとね、目を閉じていて
ふんわりと微笑んでいるのです。

まるで呼吸をしているようだーー♡



c0242791_22492193.jpg


木彫りのそれらとはまったく違う質感。
いつまででも眺めていたくなります。いいいなぁ♪


さてさて癒しのブッダに静かに見守られつつ、
足湯をしながら、お話ししながら
軽くリフレから。
お湯に溶けたハーブの色と香りが心地よく
桜で満開の街を歩いてきて、
上がっていた気が少しづつ整っていくのがわかります。

いよいよチネイザンセッション、、、の前に
せっかくなのでふたりで5分ほどの短い瞑想を。

気を合わせるって、ほんとうにどのジャンルにおいても
大事なことだなぁと思います。
瞑想を日課にされているさとこさんとは、
すうっと入れるのであっというまに
意識はいい具合にある一定のゾーンに入り
リラックス状態に。
もうこの時点でゆる〜んとろ〜ん。
初めての慣れない場所で、こんなに早くリラックスできちゃうなんて。
さとこさん、このサロンすごいっす。

さてさて本題のチネイザン。
まあ、さとこさんの手がもう気持ちよいこと気持ちよいこと。
気になるところを教えてもらいながら、ふんふんなるほど〜


終始わたしは、あちらとこちらの狭間をいい具合に彷徨いつつ、
身をゆだねておりましたよ。
張っていたお腹周りが徐々に緩んできてるのがわかります。

チネイザンといっても流派はあるようでして。
さとこさんに言わせると、チネイザンのキモはお臍だそうで。
確かにそれは実感がありました。
お臍の周りをゆっくりゆっくり、丁寧に繊細な施術をされ始めた時にはもう
それまでとは明らかに違う世界に突入しているのがわかります。
しゅーっとなにかが集約されていく感覚というか、
ふわっと宇宙空間に放り出されたような、
そことつながりを実感できるというか
異空間を感じていました。

なんだこれ〜ぇ。おもしろおおおおい!!

さとこさんのチネイザン、
どうやらただの内臓マッサージではなさそうです。(おい)
ヘソで宇宙を体感できるエネルギーワーク。ではなかろうか。

まあそんなふわふわした感覚も、最後の仕上げのアレで
一気に吹っ飛ぶんですけどね。

名づけて〝フーモンショック〟。
もうほんとにほんとおおおに衝撃だった(笑)

さとこさんは北斗の拳のひとではないだろうか。

これは受けた人しか体験できないやつ。
夜になった今も、お臍のあたりに指を置くと蘇ってくるあの感覚(笑)
きになるひとはぜひ体感してみていただきたい。

これは通いたい。いや通います。

さとこさんのセッションは、
特に繊細なひと、敏感なひとにおすすめです。

セッション受けたひとと、
フーモンショックについて、熱く語り合いたいです。





いつもありがとうございます












by amrita-shop | 2018-03-28 21:08 | セラピー&ボディーワーク | Comments(0)